« 一点豪華主義 | トップページ | さすらいのチンコ »

美しき師弟愛

毎年、年末になると

弟子たちの前で真剣白刃取りを行う

衰えていないというのを見せるためである

それと照れくさいので口にはしないが

自分への挑戦でもある

「師匠、いきます!」

弟子の掛け声の数秒後

私の頭上へと刀が振り下ろされた

刃を両手で挟み込む

タイミングが命だ

少しでもずれると致命傷を負う

『ズバッ!』

あっあれっ

うーわ、失敗してるやん

オレ真っ二つになってるやん

完全に真ん中で真っ二つ

左右対称ですやん

やないなあ、内臓出てるなあ

ちょっと誰かセメダイン持ってきて

おい弟子

お前らどこ行くねん

なんでやねん

飯奢ったたりしたやんけ

なあ弟子て

どこ行くねん

カラオケとか言うなって

なあ弟子、弟子て

うーわ全員出て行ってもうたやん

あっ猫入ってきた

野良猫入ってきた

これは多分やばいですよ

うーわ、めっちゃ寄ってきたし

ミャアミャア言うとるなあ

なんかいつの間にか乞食入ってきてるし

割り箸、持ってめっちゃこっち見てるし

うーわ、内臓、箸でつままれてるし

ちょっとかゆいし

ワハハ、やめんかいアホ!

こそばいやんけ

ワハハ、ワハハ

ワハハハハ

|

« 一点豪華主義 | トップページ | さすらいのチンコ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/26103711

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき師弟愛:

« 一点豪華主義 | トップページ | さすらいのチンコ »