« 更新情報! | トップページ | 幸せなら手を叩こう »

『ハトのおよめさん』 ハグキ

7andy_07066354 専門学校に通っていた頃、女性漫画家の先生がいた。この人はかなり笑いのセンスがあり、普段のしゃべりも達者だった。

某雑誌にて4コマギャグを連載していたのだが、僕もギャグ漫画が好きなので、よくその手の話で盛り上がっていた。その先生に『ハグキ』という漫画家が面白いと聞いたのが、今から十年ほど前である。

妙なペンネームなので、印象には残っていたのだが、どんな漫画を描いているかも知らなかったし、未読だった。

去年、相方と一緒に合作をしている漫画を持って、東京に行ったときの事である。アフタヌーンへ赴いたのだが、その時漫画を読んでくれたのが『ハトのおよめさん』(通称、ハトよめ)の担当の方だった。あとで調べると作者はあのハグキ氏。

さすがにこれは読まないと思いつつも、なんやかんやあって数ヶ月が経った。

である日、競馬でちょっとだけ買った僕は、突如、『ハトよめ』を購入しようと思い立ち、ブックオフオンラインでハトよめを大人買いした(ちなみにアマゾンと同じく、1500円以上の注文で送料は無料になるシステム)。

そして届いたのが数日前。

読んでみると、これが面白い。猛毒である。

『笑いとは毒である』

そう言ったのは故・いかりや長介氏だったはずだが、その言葉のまんまの漫画である。

『ハトよめ』の編集担当の方が、これは好きな漫画と嫌いな漫画のアンケートの両方に入るんですよと、言っておられた。

確かにわかる気がする。『おぼっちゃまくん』、『稲中卓球部』などもそうだと思うのだが、ギャグ漫画というのは、好き嫌いがはっきり分かれる。

受け付けない人にとったら、ただ不愉快なだけだ。

でもスレスレの所を狙っているハグキ氏のセンスは、やはり抜群だと思う。一見すると、低レベルだと思えるボケも、実は高等技術を使っているのだ。

はまるか、はまらないかは、あなたのセンス次第である。

まあブラック・ジョークが嫌いな方に

『ハトよめ』を読め! 

と言うのは一種のハラスメントになるだろう。

そんな『ハトハラ』をするつもりは、毛頭ないが、興味を持った方は、ぜひご一読を。

|

« 更新情報! | トップページ | 幸せなら手を叩こう »

おすすめマンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/29267143

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハトのおよめさん』 ハグキ:

« 更新情報! | トップページ | 幸せなら手を叩こう »