« 気分はドラクエ | トップページ | 思いやり »

『セックス障害者たち』 バクシーシ山下

01692075 藩金蓮さんからお借りしていた『セックス障害者たち』を読み出したら、止まらなくなって一気読みしてしまった。

出てくるのは全て異形の者たちである。著者であるAV監督バクシーシ山下が、過去に関わった人間を、作品とともに振り返っていく。

自由自在に吐瀉物を操れる男、飲尿マニア、どんな状況でも相手が誰でもエレクトさせられる男、ヤギを見て興奮する者など、まあマニアな人たちがわんさか出てくる。

面白かったのが、『密閉監禁七日間』の話。地下で男と女を一週間、監禁しその模様を撮影するという趣旨のビデオなのだが、食料という事で地下に鯛や鶏が用意されている。

お腹が減ったらそれを捌くわけなのだが、板前経験のある男優、花岡じったが料理をして一番初めに食べる。その後は、序列の通りに食べていくという流れなのだが、これはAV女優(バクシーシ風に言えばAVギャル)の扱いにしても全く同じなのだ。

先に花岡じったが手をつけて、その後に他の者たちが行為に及ぶという、完全に原始的な世界になっている。

バクシーシ山下のシニカルな視点も面白い。これだけおかしな人たちと接していながら、自分はいたってクールなのだ。彼の基準は、変わっているかどうか? 社会的に不適応でおかしな人間に興味を引かれるようである。

突き詰めると、やっぱりこの人も“人間”というものに興味があるんだなと感じた。それを自分の作品を通して、どう表現していくかをやり続けたのだろう。

ただ、バクシーシ山下の友人であるカンパニー松尾から「お前の撮影したAVを見て、興奮した事がない」と言われるぐらい、エロからはかけ離れている。

AVの形こそとっているものの、この人のやりたかったのは“壮大な実験”、人は危機的な状況に追い込まれると、どのような顔を見せるのかを、目の当たりにしたかったのではないか?

僕はこの本を読んで、そう解釈した。

|

« 気分はドラクエ | トップページ | 思いやり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

バクシーシ山下監督の作品でヌいたことはありません。
ヌけません。(本人もヌかせようと思ってないんだろうし)

しかし、面白い。

現実の持つ凄みが浮かび上がるからです。
AVというか、V&Rプランニングという環境だからこそ撮れたドキュメンタリー作品。
現実を理想化しないと同時に、自分のことも装飾せず、全て「そのまんま」を撮るんですね。
バクシーシ山下監督については、カンパニー松尾監督を主人公にした井浦秀夫さんの「職業AV監督」に詳しいです。
今、かなた師匠が持ってて読み終えたようですので、高田さんに流します。

バクシーシの意味は、「おめぐみを」。
山下監督の姿勢そのものが「バクシーシ」です。

投稿: 藩金蓮 | 2009年6月27日 (土) 23時12分

バクシーシさんは、著述家としてもかなり優れた視点をもっておられます。
名著『ひとはみな、ハダカになる』の中で、バクシーシさんは、「どうしてAVを見ることに対して大半の大人は眉をひそめるのだろう。また、どうしてAVに出たがる人がいるのだろう」ということをテーマに、さまざまな視点から斬り込んでおられます。
これを子供が読んだら、価値観が一転することでしょう。

投稿: すがの | 2009年6月28日 (日) 00時41分

>藩さん
ずっとバクシーシってどういう意味なのかなと思っていたんですが「おめぐみを」だったんですね。なんか意外でした。AV男優にすら事実を隠して、リアルな映像を取る姿勢はすごいなと思いました。あと、本の中で頻繁に出てくるポンプ宇野さんに興味を持ちました(笑)。


>すがのさん
『ひとはみな、ハダカになる』はまだ未読なのでぜひ読んでみたいと思います。AVに関する事を書くと、欠かさずコメントをくれるあなたのスタンスは素晴らしいと思います。エロいです。

投稿: 管理人 | 2009年6月28日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/30305263

この記事へのトラックバック一覧です: 『セックス障害者たち』 バクシーシ山下:

« 気分はドラクエ | トップページ | 思いやり »