« 『作劇的人々』更新情報! | トップページ | 有栖川有栖創作塾・第八期始まる »

『21エモン』 藤子F不二雄

21 僕はどちらかというと藤子F不二雄先生よりもA先生の方が好きなのだが、でもどちらの先生方も尊敬しているのには、間違いない。

中でも『21エモン』は、マンガがボロボロになるまで読み込んだ愛着のあるマンガだ。

この前、ボタンポン星の事をふと思い出した。

『21エモン』の最後の方の巻で、主人公である21エモンがボタンポン星を訪れる。

この星はハイテク化が進んでおり、何でも機械が代わりにやってくれる。

ボタンを押すだけで、全てが可能になっているのだ。

ちなみに、この上を行くのがボタンチラリ星で、ボタンを押すまでもなく、チラリと見るだけで事足りるという物凄いテクノロジーを持っている。

ボタンポン星は、ボタンチラリ星の人たちに劣等感を持っているのだが、それはさておきボタンポン星へ降り立った21エモンが、歩いているとベルトコンベアーに乗った老人たちがいる。どこかへ運ばれているのだが、不思議に思った21エモンが老人に尋ねると

「0次元に行くのだよ」

という答えが返ってくる。

「0次元って何?」と質問する21エモンに、老人は答える。

「この星では医療が発達しすぎて、死ぬ事ができないんだ。だから死にたくなったら0次元に入るんだよ」

老人の後ろの椅子に座っていた21エモンは慌てて、そこから脱出する。

小学生の頃に読んだのだと思うが、読みながらぞっとした記憶がある。

色々な人が指摘しているが、このボタンポン化現象は、現代の日本で進んでいる。

欲しいものがあれば、マウスをクリック(すなわちボタンをポン)するだけで、ネットで色々な物を買う事ができ、家まで配達してくれる。

そう言えば、福祉の発達している北欧は自殺率がかなり高いらしい。(日照時間の短さも関係しているらしいのだが)。

難しいもので人間というものは、過度なストレスに晒されると潰れてしまうのだが、全くストレスのない状態が続くと、今度は逆にそれが原因で鬱状態になる傾向にあるようだ。

このように優れたSF作品というものは、未来を予言する。

F先生、恐るべしである。

|

« 『作劇的人々』更新情報! | トップページ | 有栖川有栖創作塾・第八期始まる »

おすすめマンガ」カテゴリの記事

コメント

手塚さんや、筒井さんもしかりですかねsign02

投稿: Bro | 2009年7月10日 (金) 22時44分

コメントありがとうございます。
僕は筒井さんの小説をほとんど読むぐらい筒井ファンですが、ある宗教団体が政権政党になるなど、予言的な作品をたくさん残しておられますね。手塚先生もまた然りです。

投稿: 管理人 | 2009年7月11日 (土) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/30490693

この記事へのトラックバック一覧です: 『21エモン』 藤子F不二雄:

« 『作劇的人々』更新情報! | トップページ | 有栖川有栖創作塾・第八期始まる »