« 経営者的視点 | トップページ | 『槍と少女』《創作物》 »

『お入んなさい』《創作物》

なんや、キャンキャンうるさいな

また裏の畑でポチが鳴いとるなあ

あっ、何をしてるんや

正直爺さんと意地悪爺さんがポチを引っ張り合いしとるがな

そら、ポチも鳴くわいな

あーあ、かわいそうに

どっちか離したらええのに

全然どっちも譲らへんもんな

ポチが欲しいという気持ちに関しては

どっちも正直なんやな

ある意味、二人とも正直爺さんちゅうこっちゃな

おさまって言うてる場合やないな

おおっ、あんまり引っ張るもんやから

ポチの胴が伸びてもうたがな

うわうわっ、どこまで伸びるねんな

すごいなあ

めちゃめちゃ伸びるなあ

うどんみたいになってるやん

ほっそい、ほっそいやん

あれでポチが生きてるのが不思議やな

なんや、あの爺さんら何をするつもりやねん

ポチの体をブンブン振り回し始めたで

長縄やで

あいつらポチの体使って、長縄始めるつもりや!

しかし、あれだけブンブン回しても

肝心の飛ぶ人間がいてないやないか

あっ納屋から婆さん出てきた

うーわ、裸足なったやん

やめとけ、やめとけ

その年で転んだらえらい事になるぞ

あっ入りよったで

そらそうやな

あんだけ爺さんらに笑顔で見られたら

入るしかないわな

しかし身軽な婆さんやなあ

全然、引っかからへんやん

えっ?

何やて

『お入んなさい』やと

いやいや、俺はええって

昔からそういうの得意やなかったし

休み時間もひとりで本読んでるタイプやったし

いやいや、もういいじゃないですか

見逃して下さいよ

あかん?

どうしても入らんとあかん?

わかったわ

俺も男や

やるがな

ほな行くで!

あーあ、やっぱりや

引っかかってもうたがな

なんやねんお前ら

なんでそんな顔で睨むねん

別に俺が入れてくれ言うたんと違うやろ

やめろや

つねるなや

おいおい、ポチの体を巻きつけるな

グルグルすな

グルグルすな

せめて両手は使える状態にしてくれや

こらっやめやめ

両腕の上からグルグルしたら

身動きとれへんやないか

おい、お前らどこ行くねん

俺をこのまま置き去りにするつもりやないやろな

正直爺さん

意地悪爺さん

そして婆さーん

誰でもいいからカムバーック

こんなんいややー

助けてくれー

カムバァーック

これだけ叫んでたら誰か気づいてくれるやろ

あっトラックとまった

えっ保健所?

いや、違うがな

連れていくならポチだけにしてくれや

なんで俺まで連れていこうとするねん

『人間犬』ってなんやねん

違うって

俺とポチは関係ないねん

なんでかしらんけど

こんな奇怪な姿になってるけど

俺とポチは関係ないねん

そら俺の顔のすぐ後ろにポチの頭があるけどな

別に新種のモンスターではないねん

ポチを解いてくれたらわかる事やねん

うーわ、こいつ全然人の話聞いてないし

トラックの荷台に積まれたし

ポチは死を悟ったような顔してるし

爺さんと婆さん手ぇ振ってるし……

|

« 経営者的視点 | トップページ | 『槍と少女』《創作物》 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/35788913

この記事へのトラックバック一覧です: 『お入んなさい』《創作物》:

« 経営者的視点 | トップページ | 『槍と少女』《創作物》 »