« 毎年三月ドラえもん | トップページ | 笑いと怒りの関係 »

『フンガーの襲来』《創作物》

最近、全く眠れない

原因はわかっている

フランケンだ

通学中、満員電車で私は偶然、フランケンの足を踏んでしまった

私の体重は40キロにも満たない

自分でいうのもなんだが、かなり華奢な方だ

一方のフランケンは恐らく200キロを軽く越えている

だから、象が小猫に足を踏まれたようなもので

全く痛くはないだろうと思い、特に謝りもしなかった

これがいけなかった

意外とフランケンは根に持つタイプらしく

夜な夜な私の家を訪れては

フンガー、フンガーと叫びながら

家の周囲をグルグル歩き回るのだ

朝が来るまで、ずっとである

おかげで我が家の家族は完全に睡眠不足に陥ってしまい

近隣の住民からも白い目で見られている

昨日回ってきた回覧板は『フンガー被害について』と題されており

中身はほとんど私の家への嫌味だった

何とかしろと言われて、何とかできるのならとっくにやっている

なんともならないから、困っているのだ

この頃、騒音被害は更に酷くなっている

昨日はフンガーにザマスが加わった

警察に言っても取り合ってくれないし

暴力に訴えたとしても、勝てる可能性は皆無だ

何しろ向こうには力自慢のフンガーがいるのである

こんなことになるのなら

フンガーの足を踏んだ時に、すぐ謝るべきだった

全ての発端はそこなのだ

ああ、こんなことをしている間にもう夜になっている

なぜに時間はこんなにも早く経ってしまうのか

あれっ、フンガーにザマス、それに今日はまた何かが加わっている

ウォー?

ウォーでがんす?

何だウォーでがんすって

ああ、三人組が妙な歌を大声で歌い始めた

エンリャーリャ、エンリャコーリャ言っている

なんなんだエンリャコーリャって?

お願いだからやめて欲しい

頭にエンリャコーリャがこびりついて離れない

ああ、明日から大学入試なのだ

こんな朦朧とした頭で問題など解けるわけがない

もしかすると、名前のところに『フンガー』とでも書いてしまいそうな

そんな予感がする満月の夜である

|

« 毎年三月ドラえもん | トップページ | 笑いと怒りの関係 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/39194520

この記事へのトラックバック一覧です: 『フンガーの襲来』《創作物》:

« 毎年三月ドラえもん | トップページ | 笑いと怒りの関係 »