« 日本クレールのお送りするネットラジオ『日本帝国放送』に初ゲスト! | トップページ | 『はこいり娘』更新情報! »

ドラえもんのペコペコバッタ

ドラえもんの記念すべき第一巻の七話に収録されている『ペコペコバッタ』という話がある。

のび太が道を歩いていると、いきなりボールが飛んできて顔面に直撃する。

当然ながら「謝れ!」と、遊んでいたジャイアンやスネ夫、その他の友人たちに要求する、のび太。

しかし、開き直られてしまい、謝罪すらしてもらえない。

これを聞いたドラえもんが『ペコペコバッタ』という秘密道具を登場させる。

このバッタが体内に入ると、誰でもすぐに謝るようになる。

興味深いのは『ベトナム戦争』、『光化学スモッグ』『物価の値上がり』、このスケール大きな事象までもが自分のせいだと言う人間まで出てくる。

その自罰傾向というのが鬱病の症状と凄く似ている。

鬱病で入院された経験を持つ方とお話させていただいたことがあるのだが、自分がふらりと飲食店に入って、出された皿が汚れていたとしたら、それすら自分に非があるからだと、関連付けて考えてしまうらしい。

『ペコペコバッタ』自体は、大変面白いおかしい話なのであるが、元来、繊細な民族である日本人が元々持ち合わせている“自罰癖”というテーマを、こんな形で子ども向け作品に入れてしまう、藤子F不二雄先生の手腕には改めて驚くばかりだ。

|

« 日本クレールのお送りするネットラジオ『日本帝国放送』に初ゲスト! | トップページ | 『はこいり娘』更新情報! »

ドラえもん関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117981/46680960

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもんのペコペコバッタ:

« 日本クレールのお送りするネットラジオ『日本帝国放送』に初ゲスト! | トップページ | 『はこいり娘』更新情報! »